市民会館

玉名市民会館会議室
(玉名市民会館会議棟)

●会議室基本料金

時間
施設
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
第1会議室 2,000 2,700 3,500 4,700 6,200 6,900
第2会議室 1,500 2,000 2,600 3,500 4,600 5,100
第3会議室 1,200 1,700 2,200 2,900 3,900 4,400
第4会議室 1,000 1,300 1,700 2,300 3,000 3,500
第5会議室 800 1,200 1,600 2,000 2,800 3,100
和室 500 700 1,000 1,200 1,700 2,000
冷暖房 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分

単位:円

【会議室備考】
1 第1会議室~第5会議室及び和室において、入場料金を徴収するとき、又は入場料金は徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、若しくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときは、上記使用料の2倍とする。(冷暖房は除く)
2 使用時間の超過又は繰り上げは認めない。ただし、願出によって超過することがやむを得ないと認めたときは、1区分の前後1時間に限り当該時間区分の使用料の3割を徴収する。最大使用可能時間は8:00~22:00まで。
3 飲酒を伴うときは、上記使用料の2倍とする。(冷暖房は除く)
4 この使用料は、消費税等を含む。

●会議室器具等使用料金

器具・設備 単位 1区分料金 利用可能会議室
マイク 1本 330 第1、第2、第3
拡声装置 1式 550 第1、第2、第3
スクリーン 1幕 550 第1、第2、第3、第4
簡易ステージ 1式 1,100 主に第1

                                           単位:円
【器具等使用備考】
1 プロジェクター、パソコン等はご自身で用意して下さい。
2 会議室に器具を持ち込む場合で、コンセント以外から電源を供給する場合は、実費相当額を徴収する。
3 利用区分は、9時~12時、13時~17時、18時~22時までの使用を1区分。9時~17時、13時~22時までの使用を2区分。9時~22時までの使用を3区分とする。
4 この使用料は、消費税等を含む。

 

 

  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
第1 2,000 2,700 3,500 4,700 6,200 6,900
第2 1,500 2,000 2,600 3,500 4,600 5,100
第3 1,200 1,700 2,200 2,900 3,900 4,400
第4 1,000 1,300 1,700 2,300 3,000 3,500
第5 800 1,200 1,600 2,000 2,800 3,100
和室 500 700 1,000 1,200 1,700 2,000

【会議室備考】
1 第1会議室~第5会議室及び和室において、入場料金を徴収するとき、又は入場料金は徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、若しくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
2  使用時間の超過又は繰り上げは認めない。ただし、願出によって超過することがやむを得ないと認めたときは、1区分の前後1時間に限り当該時間区分の使用料の3割を徴収する。最大使用可能時間は8:00~22:00まで。
3 飲酒を伴うときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
4 空調代は上記料金の半分。
5 単位は円。この使用料は、消費税等を含む。

会議室
付帯設備
単位 1区分
料金
利用可能
会議室
拡声装置 一式 550 第1~3
マイク 1本 330 第1~3
スクリーン 1幕 550 第1~4
簡易ステージ 一式 1,100 主に第1

【器具等使用備考】
1 展示会等で2kwを超える電気量を使用の場合は、別途電気量を徴収する。
2 プロジェクター、パソコン等はご自身で用意して下さい。
3 利用区分は、9時~12時、13時~17時、18時~22時までの使用を1区分。9時~17時、13時~22時までの使用を2区分。9時~22時までの使用を3区分とする。
4 単位は円。この使用料は、消費税等を含む。

※大ホール・マルチホールがある玉名市民会館には、会議室はありません。

「玉名市民会館会議棟」へお越しください。



大ホール・マルチホール
(新 玉名市民会館)

平日の大ホール基本料金

【平日】大ホール使用料
  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
A 15,400 24,600 33,800 40,000 58,400 70,100
B 18,400 29,500 40,600 47,900 70,100 84,000
C 26,100 41,800 57,500 67,900 99,300 119,100
D 30,800 49,200 67,700 80,000 116,900 140,300
時間
入場料区分
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
A なし 15,400 24,600 33,800 40,000 58,400 70,100
B 1~1,000 18,400 29,500 40,600 47,900 70,100 84,000
C 1,001~3,000 26,100 41,800 57,500 67,900 99,300 119,100
D 3,001~ 30,800 49,200 67,700 80,000 116,900 140,300

単位:円


土曜・日曜・休日の大ホール基本料金
時間
入場料区分
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
A なし 18,400 29,500 40,600 47,900 70,100 84,000
B 1~1,000 22,100 35,400 48,700 57,500 84,100 100,800
C 1,001~3,000 31,400 50,200 69,100 81,600 119,300 143,100
D 3,001~ 36,900 59,100 81,300 96,000 140,400 168,400

単位:円

●平日のマルチホール基本料金

時間
入場料区分
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
A なし 6,600 10,500 14,500 17,100 25,000 30,000
B 1~1,000 7,900 12,600 17,400 20,500 30,000 36,000
C 1,001~3,000 11,200 17,900 24,600 29,100 42,500 51,000
D 3,001~ 13,200 21,100 29,000 34,300 50,100 60,100

単位:円

土曜・日曜・休日のマルチホール基本料金

時間
入場料区分
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
A なし 7,900 12,600 17,400 20,500 30,000 36,000
B 1~1,000 9,500 15,200 20,900 24,700 36,100 43,300
C 1,001~3,000 13,400 21,500 29,600 34,900 51,100 61,200
D 3,001~ 15,800 25,300 34,800 41,100 60,100 72,100

単位:円

【大ホール・マルチホール備考】
1 A~Dの入場料区分とは、1人あたりの1回の最高額のことをいう。Aは入場料金その他これに類するものを徴収しないときの使用料とする。
2 入場料を徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、若しくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときの使用料はBとする。
3 使用時間の超過又は繰り上げは認めない。ただし、願出によって超過することがやむを得ないと認めたときは、1区分の前後1時間に限り当該時間区分の使用料の3割を徴収する。最大使用可能時間は8:00~22:00まで。
4  使用者が舞台練習のため舞台面(作業灯を含む)のみを使用するときの使用料は、Aの使用料の3割とする。
5 使用者が専らリハーサル、練習又は準備のために使用するときの使用料はAとする。
6 大ホールは飲食禁止とする。
7 使用者がマルチホールを使用する場合において飲酒を伴うときは、上記マルチホール使用料の2倍とする。
8 この使用料は、消費税等を含む。
9 「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日をいう。

●大ホール・マルチホール器具等使用料

音響器具名 単位 大ホール(1区分) マルチホール(1区分)
拡声装置 一式 3,300 2,200
ワイヤレスマイク 1本 1,100 1,100
ダイナミックマイク 1本 330 330
コンデンサーマイク 1本 660
三点つりマイクロホン 一式 1,650
MD/CDプレーヤー 1台 660
CF/CDレコーダー(SD対応) 1台 660 660
映像再生装置 一式 880
ビデオプロジェクター 1台 8,800 6,600
マイクスタンド 1本 220 220
移動型スピーカー 1台 1,100 1,100
PA卓持込み 1台 1,100 550
音響効果機器 1台 660 660
照明器具名 単位 大ホール(1区分) マルチホール(1区分)
天井反射板ライト 一式 1,650
サスペンションライト 1列 1,100 880
ホリゾントライト 1列 2,200
シーリングスポットライト 1台 330 330
フロントサイドライト 1台 330
プロセニアムサスペンションライト 1台 330 330
ピンスポットライト 1台 2,200 1,100
ボーダーライト 1列 1,100
トーメンタルスポットライト 1台 330
ギャラリーサイドライト 1台 330
ストリップライト 1台 440
スポットライト 1台 330 330
スタンド類 1台 220 220
アクセサリー類(タネ板) 1枚 220 220
照明効果機器 1台 660 660

 

舞台器具等名 単位 大ホール(1区分) マルチホール(1区分)
スクリーン 1幕 1,320
大黒幕 1幕 660
暗転幕 1幕 1,100
ホリゾント幕 1幕 660
引割幕・袖幕 1幕 660
引割幕・袖幕(掛替え) 1幕 2,200
バトン 1本 220 220
音響反射板 一式 6,600
所作台 一式 5,500
所作台 1台 220
松羽目(ドロップ式) 一式 1,320
竹羽目(付属品付) 一式 1,320
金びょうぶ(保管箱付) 1双 1,650
仮設鳥屋囲い 一式 1,320
開き足 1脚 110
木台 1個 110
箱足 1個 110
箱階段 1台 110
めくり台 1台 330 220
演台(花台・脇台付) 一式 880
演台(マルチホール用) 1台 660
平台 1台 110
司会者台 1台 330 330
指揮者台 1台 330
指揮者用譜面台 1台 220
演奏者用譜面台 1台 220
演奏者用椅子 1脚 110
高座用座布団 1枚 220
上敷 1枚 220
緋毛せん(ネル) 1枚 220
人形立(ウェイト付) 1本 110
つり看板 一式 550 550
ひな壇用毛込みパネル 一式 220
バレエシート 1枚 1,100
舞台セット(美術・装飾)持込み 1台 660 660
器具持込み 1kw 220 220
1台 110 110
椅子 1脚 50 50
ピアノ(スタインウェイ) 1台 8,800
ピアノ(ヤマハ) 1台 6,600 6,600

単位:円

【器具等使用備考】
1 利用区分は、9時~12時、13時~17時、18時~22時までの使用を1区分。9時~17時、13時~22時までの使用を2区分。9時~22時までの使用を3区分とする。


●冷暖房の使用料

  時間 冷暖房
大ホール 1時間につき 7,000
マルチホール 1時間につき 4,000

                                       単位:円


【土日休日】大ホール使用料
  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
A 18,400 29,500 40,600 47,900 70,100 84,000
B 22,100 35,400 48,700 57,500 84,100 100,800
C 31,400 50,200 69,100 81,600 119,300 143,100
D 36,900 59,100 81,300 96,000 140,400 168,400
【平日】マルチホール使用料
  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
A 6,600 10,500 14,500 17,100 25,000 30,000
B 7,900 12,600 17,400 20,500 30,000 36,000
C 11,200 17,900 24,600 29,100 42,500 51,000
D 13,200 21,100 29,000 34,300 50,100 60,100

【土日休日】マルチホール使用料
  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
A 7,900 12,600 17,400 20,500 30,000 36,000
B 9,500 15,200 20,900 24,700 36,100 43,300
C 13,400 21,500 29,600 34,900 51,100 61,200
D 15,800 25,300 34,800 41,100 60,100 72,100

【大ホール・マルチホール備考】
1 Aは、入場料金その他これに類するものを徴収しないときの使用料とする。
2 Bは、1人あたりの最高額が1回につき1,000円以下の入場料金を徴収するとき、又は入場料金は徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、もしくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときの使用料とする。
3 Cは、1人あたりの最高額が1回につき1,000円~3,000円までの入場料金を徴収するときの使用料とする。
5 Dは、1人あたりの最高額が1回につき3,001円以上の入場料金を徴収するときの使用料とする。
6 使用時間の超過又は繰り上げは認めない。ただし、願出によって超過することがやむを得ないと認めたときは、1区分の前後1時間に限り当該時間区分の使用料の3割を徴収する。最大使用可能時間は8:00~22:00まで。
7 使用者が舞台練習のため舞台面(作業灯を含む)のみを使用するときの使用料は、Aの使用料の3割とする。
8 使用者が専らリハーサル、練習又は準備のために使用するときの使用料はAとする。
6 使用者がマルチホールを使用する場合において飲酒を伴うときは、上記マルチホール使用料の2倍とする。
7 単位は円。この使用料は、消費税等を含む。
8 「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日をいう。
9 両ホール利用に当たって、付帯設備料は別途必要となりますので、下記リンクからご確認下さい。

大ホール・マルチホール付帯設備・器具等使用料

その他の施設
(新 玉名市民会館内)

  9~
12時
13~
17時
18~
22時
9~
17時
13~
22時
9~
22時
練習
スタジオ
2,000 3,200 4,000 5,200 7,200 8,700
大楽屋 1,500 2,400 3,000 3,900 5,400 6,500
中楽屋
(1部屋)
600 900 1,200 1,500 2,100 2,500
小楽屋
(1部屋)
500 800 1,000 1,300 1,800 2,100

【その他の施設備考】
1 大楽屋、中楽屋及び小楽屋のみの使用は認めない。
2 練習スタジオにおいて、入場料金を徴収するとき、又は入場料金は徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、若しくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
3 飲酒を伴うときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
4 空調代は上記料金の半分。
5 単位は円。この使用料は、消費税等を含む。

練習スタジオ
付帯設備
単位 1区分
料金
拡声装置 一式 550
ダイナミックマイク 1本 330
CF/CDレコーダー
(SD対応)
1台 660
マイクスタンド 1本 220
音響効果機器 1台 660
器具持込み 1kw 220
1台 110
椅子 1脚 50
ピアノ(ヤマハ) 1台 6,600
時間
施設
9時~12時 13時~17時 18時~22時 9時~17時 13時~22時 9時~22時
練習スタジオ 2,000 3,200 4,000 5,200 7,200 8,700
大楽屋 1,500 2,400 3,000 3,900 5,400 6,500
中楽屋
(1部屋につき)
600 900 1,200 1,500 2,100 2,500
小楽屋
(1部屋につき)
500 800 1,000

1,300 1,800 2,100
冷暖房 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分 上記料金の半分

単位:円

【その他の施設備考】
1 大楽屋、中楽屋及び小楽屋のみの使用は認めない。
2 練習スタジオにおいて、入場料金を徴収するとき、又は入場料金は徴収しない場合であっても、会費、会場整理費その他入場料金に相当する金銭を収受するとき、若しくは物品の販売、宣伝等営利とみなされる目的で使用するときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
3 飲酒を伴うときは、上記使用料の2倍とする。(空調は除く)
4 この使用料は、消費税等を含む。

●練習スタジオ器具等使用料

練習スタジオ付帯設備 単位 1区分料金
拡声装置 一式 1,100
ダイナミックマイク 1本 330
CF/CDレコーダー(SD対応) 1台 660
マイクスタンド 1本 220
音響効果機器 1台 660
器具持込み 1kw 220
1台 110
椅子 1脚 50
ピアノ(ヤマハ) 1台 6,600
【器具等使用備考】
1 利用区分は、9時~12時、13時~17時、18時~22時までの使用を1区分。9時~17時、13時~22時までの使用を2区分。9時~22時までの使用を3区分とする。
2 単位は円。この使用料は、消費税等を含む。

ご利用案内

開館時間
9:00~22:00(事務所は17:00まで、17:00以降は守衛のみ)
使用申込の受付 TEL:0968-73-5107
ご利用の申込は所定の申請書を直接会館事務所へ提出してください。
受付時間は8:30から17:00までです。(土、日、祝も受付ます。)
予約受付期間については以下の通りです。
①大ホール・マルチホール・・・使用しようとする日の1年前から7日前まで。
②練習スタジオ・・・使用しようとする日の1月前から3日前まで。
③第1会議室~第5会議室、和室・・・使用しようとする日の1年前から当該使用日まで。
休館日
12月29日から翌年1月3日まで
使用料の納入
・使用料は(ホールの使用は基本料)使用申込みと同時に前納してください。
・納入された使用料は規則で定められている場合の外はお返し致しません。
使用申請の取消し
使用申込を取消しされるときは、所定の使用許可取消届を提出し許可を受けてください。5日前までに申し出た場合は、100分の60の額を還付します。
使用許可の取消し又は禁止
1.許可を受けないで使用目的ならびに内容を変更したとき。
2.公の秩序を害したとき。
3.管理上支障があるとき。
4.会館の条例や規則に違反したとき。
使用権の譲渡の禁止
会館の使用権は他人に譲渡したり、転貸することはできません。
使用の期間
会館の使用は原則として5日以上続けて使用することはできません。
使用時間区分
使用時間には、会場の準備、後始末などに要する時間を含んでいますので、催物を計画される場合はこのことを十分考慮に入れて下さい。
保管責任
控室、その他関係室の盗難防止、その他について、使用者で一切の責任をもってください。 使用にかかる物件の保管については会館は一切責任を負いません。
使用時間の厳守
1.使用時間の超過は原則として認めませんが、やむを得ない場合はあらかじめ事務所に申し出てください。
2.許可された使用時間は、準備から後片付けまでの時間を含みますので、時間内にすべて終了して下さい。
催物開催届
ホールの使用にあたり関係官庁への諸届出については、間違いのないように手続きを完了してください。
・警備・防犯  玉名警察署 ℡0968-74-0110
・火気使用   玉名消防署 ℡0968-73-7117
・著作権(音楽演奏)日本著作権協会九州支部  ℡092-441-2285
打ち合せ(ホール)
催物を円滑にするため、ご使用7日前までに舞台装置、その他必要な事項についてプログラム、進行表等を持参の上、会館職員と詳細に打ち合せ下さい。
看板ポスター等の掲示
許可なく会館敷地内および館内での物品販売、看板、ポスター等の掲示、宣伝寄附行為、写真撮影、録音等をしないでください。
その他の準備
会議または催物に必要な物品、紙、セロテープ、マジックインキ、座布団等は、使用者側で準備してください。
原状の回復
使用される方は建物、諸設備、器具等をていねいに取扱い、使用後は必ず全部の設備を元の状態にもどし(後始末、清掃)器具は係員立合いのうえ、お引渡しください。
ご使用中に施設又は設備、備品等を毀損又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償していただきます。
事故防止
定員の制限は必ず守ってください。
ホール催物の来場者が開場時刻前に行列されるときは、使用者側で責任をもって整理してください。整理不十分によって生じた事故については当館では責任を負いません。
火気の取扱いについても十分注意してください。
係員の配置
主催者は次のことについて、担当係員を決めておいてください。
1.出入口および場内の観客整理。
2.非常の場合の出入口、非常口の扉の開放。
3.観客の避難誘導。
4.盗難予防のための出演者控室(楽屋)等の監視。
5.外部からの電話応対および館内放送ならびに観客の呼び出し等。
6.来賓、出演者等の応接
7.駐車場の整理。

                                   単位:円

【器具等使用備考】
1 利用区分は、9時~12時、13時~17時、18時~22時までの使用を1区分。9時~17時、13時~22時までの使用を2区分。9時~22時までの使用を3区分とする。

ご利用案内

開館時間
9:00~22:00(事務所は17:00まで、17:00以降は守衛のみ)
使用申込の受付 TEL:0968-73-5107
ご利用の正式申込は所定の申請書を直接会館事務所へ提出してください。
受付時間は8:30から17:00までです。(土、日、祝も受付ます。)
予約受付期間については以下の通りです。
①大ホール・マルチホール・・・使用しようとする日の1年前から7日前まで。※令和2年度のみ、8月前から7日前まで。
②練習スタジオ・・・使用しようとする日の1月前から3日前まで。
③第1会議室~第5会議室、和室・・・使用しようとする日の1年前から当該使用日まで
休館日
12月29日から翌年1月3日まで
使用料の納入
・使用料は(ホールの使用は基本料)使用申込みと同時に前納してください。
・納入された使用料は規則で定められている場合の外はお返し致しません。
使用申請取消し
使用申込を取消されるときは、所定の使用許可取消届を提出し許可を受けてください。
なお、5日前までに申し出た場合は、100分の60の額を還付します。
使用許可の取消し又は禁止
1.許可を受けないで使用目的ならびに内容を変更したとき。
2.公の秩序を害したとき。
3.管理上支障があるとき。
4.会館の条例や規則に違反したとき。
使用権の譲渡の禁止
会館の使用権は他人に譲渡したり、転貸することはできません。
使用の期間
会館の使用は原則として5日を超えて使用することはできません。
使用時間区分
使用時間には会場の準備、後始末などに要する時間を含んでいますので、催物を計画される場合はこのことを十分考慮に入れて下さい。
保管責任
控室、その他関係室の盗難防止、その他について、使用者で一切の責任をもってください。
使用にかかる物件の保管については会館は一切責任を負いません。
使用時間の厳守
1.使用時間の超過は原則として認めませんが、やむを得ない場合はあらかじめ事務所に申し出てください。2.許可された使用時間は、準備から後片付けまでの時間を含みますので、時間内にすべて終了して下さい。
催物開催届
ホールの使用にあたり関係官庁への諸届出については、間違いのないように手続きを完了してください。
・警備・防犯  玉名警察署 ℡0968-74-0110
・火気使用   玉名消防署 ℡0968-73-7117
・著作権(音楽演奏)日本著作権協会九州支部  ℡092-441-2285
打ち合せ(ホール)
催物を円滑にするため、ご使用7日前までに舞台装置、その他必要な事項についてプログラム、進行表等を持参の上、会館職員と詳細に打ち合せ下さい。
看板ポスター等の掲示
許可なく会館敷地内および館内での物品販売、看板、ポスター等の掲示、宣伝寄附行為、写真撮影、録音等をしないでください。
その他の準備
会議または催物に必要な物品、紙、セロテープ、マジックインキ、座布団等は、使用者側で準備してください。
原状の回復
使用される方は建物、諸設備、器具等をていねいに取扱い、使用後は必ず全部の設備を元の状態にもどし(後始末、清掃)器具は係員立合いのうえ、お引渡しください。
ご使用中に施設又は設備、備品等を毀損又は滅失したときは、それによって生じた損害を賠償していただきます。
事故防止
定員の制限は必ず守ってください。
ホール催物の来場者が開場時刻前に行列されるときは、使用者側で責任をもって整理してください。整理不十分によって生じた事故については当館では責任を負いません。
火気の取扱いについても十分注意してください。
係員の配置
主催者は次のことについて、担当係員を決めておいてください。
1.出入口および場内の観客整理。
2.非常の場合の出入口、非常口の扉の開放。
3.観客の避難誘導。
4.盗難予防のための出演者控室(楽屋)等の監視。
5.外部からの電話応対および館内放送ならびに観客の呼び出し等。
6.来賓、出演者等の応接
7.駐車場の整理。