新玉名市民会館 ブルーライトアップ

 新型コロナウイルス感染症への非常事態宣言が解除になるもまだまだ自粛が続く中で、玉名市民会館では今もなお最前線で働いている医療従事者の皆さまに敬意と感謝の気持ちを表すとともに、市内の雰囲気を明るくし、市民の皆さまの応援が出来ればと思い、ブルーライトアップを実施いたします。併せて、玉名燈師(棟梁 青木肇宏氏)が玉名商工会議所青年部の協力により竹燈籠を用いて青い光で照らすライト・イット・ブルーを行います。

 新ホールは6月1日から一般供用開始となりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当面の間休館を予定しています。一日も早く、新ホールが市民の皆さまに利用していただける状況になることもブルーの光を通して願っているところです。

実施期間 令和2年6月1日(月)~6月5日(金)
実施内容 ブルーライトアップ、プロジェクターでの文字映し出し 20時~22時
     竹燈籠ライト・イット・ブルー            19時~22
(動画内のライト・イット・ブルーの時間が23時までとなっておりますが、22時の誤りでした。)
※雨天時、プロジェクターの映写が出来ない場合があります。
     


玉名市が投稿している動画も、違う角度からご覧いただけます。https://youtu.be/iy9cwBpdhL4

2020年06月03日